昔のブラウン管テレビに比べると、液晶テレビなどの現在のテレビは画質が非常に良く、機能も増えています。

料理をメインにしたテレビ
検索フォーム
新着記事
料理をメインにしたテレビ

昔のテレビと現在のテレビを比べてみると

かつてはテレビと言えば高級品で、お金持ちの家にしかないものでした。その頃のテレビはブラウン管のテレビであったため、スイッチを入れてから画像が移るまでにしばらく間がありました。チャンネルもダイヤル式でした。当初は白黒だったテレビは、やがてカラーになります。価格もだんだん一般の家でも買える価格となり、東京オリンピックが開催された時期にはテレビが爆発的に売れたようです。

現在のテレビを見てみると、液晶テレビなどが多く、チャンネルもリモコン式で離れた場所からチャンネルをかえることができます。画質も昔の物とは比べものにならないほどよくなっています。そして、さまざまな機能も追加され、テレビで番組を録画できるのや専用の機器がなくてもブルーレイなどを見ることができるもの、そしてインターネットなどができるものもあります。画質の研究開発などは現在も進められており、今後も、より画質の良い、多機能テレビが登場することでしょう。

そのほかの記事

Copyright (C)2017料理をメインにしたテレビ.All rights reserved.