テレビがお茶の間の中心だった時代、自由に見られなかったけれどそこには確かに家族団らんがありました。

料理をメインにしたテレビ
検索フォーム
新着記事
料理をメインにしたテレビ

テレビと家族団らんについて

私はテレビを見るのが好きなので、家の中にいるときはよくつけっぱなしにしていることもあります。しかし、子供のときはなかなか自由に見ることができませんでした。当時はリビングに一台あるだけだったので、チャンネル権をもった父親がいるときはほとんど好きな番組は見れなかったものです。

現在でも、大人が子供に見せたくない番組、というものがあるそうですが、私が子供の頃ももちろんありました。しかし当時はテレビが最大の娯楽だったため、現在より視聴している確立が高かったのだと思います。そのため、誰もが楽しめるような番組が多かったのではないでしょうか。家族みんなで茶の間で楽しむような娯楽番組がたくさんありました。現在ではそれぞれのニーズに合わせたものや、あるいはインターネットや動画配信がその役割を担っていくようになったとも考えられます。家庭のエンターテイメントを一手に請け負っていた時代は過ぎ去ってしまったのかもしれません。今では自由にテレビを見られるようになりましたが、家族の団欒の真ん中にあった日々が懐かしくも思います。

そのほかの記事

Copyright (C)2017料理をメインにしたテレビ.All rights reserved.