テレビがあると家族と会話する時間が少なくなってしまうという理由でテレビを買っていませんが実際は。

料理をメインにしたテレビ
検索フォーム
新着記事
料理をメインにしたテレビ

家族との会話を優先したテレビのない家

わたしが高校生の頃、家には3台テレビがありました。両親が見る用、わたしが見る用、妹が見る用です。家族みんなが見たい番組が異なるので3台が必要でした。しかし、たまにみんな同じ番組を見ていたということもありました。

結婚して、家にはテレビ1台。主人は家に帰ってくるとすぐにテレビをつけます。意外と男性のほうがテレビっ子が多いのかもしれません。子供の頃からのルールで食事の時にはテレビをつけないというのを結婚後もしていました。食事が終わるとすぐテレビ。それでは家族での会話をする時間がゆっくり取れません。

引っ越しを機にテレビは買わないことに決めました。そうすると、寝る時間が早まり、ゆっくりと家族との時間を持つことができるようになりました。やはりテレビは不必要など感じるようになりました。しかし、それもつかの間。今はインターネットでテレビや映画を見ることができます。それに気づいてからはスマートフォンやパソコンで各自が好きな番組を見る始末。今のご時世テレビを排除するのは難しいかもしれません。

そのほかの記事

ピックアップ

Copyright (C)2017料理をメインにしたテレビ.All rights reserved.